« レガシー・エディション | トップページ

2010年8月20日

Kenny Edwards 逝去

某SNSのKarla Bonoff コミュで知った、Karla の本日午後のtwitt。

Our good friend Kenny Edwards passed away this afternoon in Santa Barbara. Thank you for your thoughts, prayers and donations

 去年まで毎年3月頃にビルボードライブ大阪で Kenny Edwards と Nina Garber にサポートされた Karla Bonoffのステージを見ていた。2曲ほどやけど、Kenny と Nina のギターの掛け合いインスト・パートがあって楽しみにしていた。それが聴けなくなった。
 状況はよくわからない、なにやら旅先で入院して、重篤で、居住地に転送しなくては、、、と言っている間に亡くなったということのようだ。少し前に亡くなったRichieHayward と同じで、寿命というにはまだ20年早い。

 最近、Linda Ronstadt の紙ジャケ盤が数枚でたのをきっかけに、初めて Stone Poneys 時代の音源を聴いたところだった。60年代後半で、カントリーをルーツにしたフォーク/ロックの音ということでは斬新な印象を持った。と同時に、自分がレコード会社の人間なら、やはり「この、やったら歌がうまい(と言うか声量が豊かな)女の子をメインにして売り出そうじゃないか」と思うだろうなとも思った。というわけで70年代のLinda のライブ映像を見る時には、ほとんどバックばかり見ているような気がするんやけど、Kenny は当然そこにいる。
 Linda Ronstadt って、たしかにずば抜けて歌がうまいけど、それをサウンド的にサポートする方法ってのも同時に積み重ねられていて、70年代後半にソロ・デビューしたKarla Bonoff には、そのノウハウが注入されているな、と、車に常時登載の Karla の2ndアルバムを聞きながらつくづく思っていた。そしてその中心にいたのが、KennyEdwards だったわけだ。

 例によって、Wikiにはもう載っている。
>>Kenny Edwards (born February 10, 1946; died August 18, 2010)

 もう聞けない、Ninaとの掛け合いを思い出しながら
合掌(-人-)

|

« レガシー・エディション | トップページ