« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年1月21日

中山照隆さんのBM活動紹介記事

 このブログへのアクセス・ログを辿っている内に、 先の鳥取市のBM事故で亡くなった中山照隆さんが鳥取市の広報に執筆したBM活動の報告(エッセイ)に行き当たりました。

 感傷で接するのは中山さんに対してかえって失礼だと思いますが、図書館職員の活動事実のひとつとして記録しておきます。中山さんは 「司書さん」ではなく「運転手さん」だったようですが、人と資料を結びつける活動において司書と同じ働き・ 思いをもって仕事に取り組んでおられたのだなと思えます。

「町へ村へ移動図書館車が走る! Vol.3 「やまなみ号」の巻
「本を通したふれあいを大切に」
用瀬図書館 中山照隆
(「とっとり市報」平成18年9月15日号)
(PDF版)
http://www.city.tottori.tottori.jp/www/contents/1157937818015/activesqr/common/other/46a69e09019.pdf
(HTML版)
http://www.city.tottori.tottori.jp/www/contents/1158055488515/html/common/46aebcfb014.htm#5059

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経で図書館関連連載開始

今日の日経夕刊社会面で、公共図書館関連連載が始まってました。

日本経済新聞 2008年1月21日(月)夕刊
<広角鋭角>変わる図書館(1)財政難でも理想追う/「民間任せ」見直す動きも
(オンライン版では確認できず)

 「(1)」とあるからには「上中下」よりも長く続くと言うことでしょうか。
 日経はかつて文化面で博物館の運営問題をかなり追ってましたが、 今日の連載は社会面だからあのプロジェクトと今回の図書館関係連載はチームは違うんでしょうね。どう展開していきますか。

 今日の記事の冒頭は、安来市が、2年間続いた図書館の指定管理者への運営委託を直営に戻すという話題でした。 指定管理の最初は2004年からで2期目に入ったところもありますが、契約期間(2年~5年) に応じて更新時期がそろそろやってくるところが多いということで注目されているところです。

 もっとも、直営に戻すってことは、そのノウハウや人材を内部に保持し続けてたってことですけど、どうやってたんでしょうね。 その辺りも知りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日

鳥取のBM事故

 ご冥福をお祈りいたします。

倒木:鳥取市の図書館車運転席を直撃 職員が重体--佐治の国道 /鳥取
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20080119ddlk31040133000c.html
倒木が車直撃、重体/鳥取の国道482号 移動図書館の運転手
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20080118-OYT8T00621.htm

鳥取の倒木事故:重体の図書車職員が死亡 /鳥取
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20080120ddlk31040291000c.html

 現場の地図を見ると、谷間の川沿いの道。片側が川で片側が山という地形。 山側からの落下物の直撃を受けて川側へ落ちていれば同乗の女性司書も無事ではすまなかったでしょう。 頭を直撃されながら咄嗟にハンドルをキープしようとしたであろう中山照隆さんの人としての尊さを思います。

 最初意外だったのは、BMの基地が旧鳥取市内の中央図書館ではなく、分館にあたる用瀬(もちがせ と読むらしい)図書館だったこと。 よく地図を見ると、旧鳥取市の南側にあって平成の大合併で鳥取市となった地域は、市の中心部から20キロ以上離れているので、 旧用瀬町にあった(or作った?)図書館が南部地域を受け持つことになっていたのでしょう。 特に事故のあった旧佐治町は地図を見る限りではほんとに山と谷と川だけの地域ですから、 BMの巡回がほんとに貴重な読書機会の提供になっていたのだろうと思えます。
 人口が少ない地域で、貸出冊数も少ないでしょうけれど、図書館の働きというものも、 結局はこういった地味な地域での地道な営みの積み重ねでしかありえないのだろうと改めて思います。
 そして、そういう地道な図書館職員を失ったことを本当に残念に思います。
 合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »