« 熊取町立一件補足 | トップページ | Ike Turner 死去 »

2007年11月 5日

ブッカーかけビデオ6分13秒

 風邪をひいてしまい、暖かくした部屋でだらだらと youtube を見ていたら、不思議なモノを発見。

-----------------------------------------------------------
http://www.youtube.com/watch?v=6V6qXBjEi-U&mode=related&search=
ブッカーかけ
About This Video
本の表面を保護するためのブッカー。熟練図書館員による作業風景。
Added: September 04, 2007
-----------------------------------------------------------

 業界人ならわかっていることだけれど、ブッカーというのは、図書館の本の外側に貼り付けてあるビニールシートの商標名。 ホッチキスとステイプラーという関係のホッチキスですね。みんな慣用的にブッカーと言っちゃってますけどほんとは違うのよ、ってことですが、 まぁそれはいいとして。。。

 6分13秒あるビデオなのだけれど、そのまるまる6分13秒を使って1冊の単行本のブッカー貼りをしているので、ちょっと目眩が、、 、
 あのぉ、このビデオのように、本の方の下拵えがしてあってブッカーいやビニールシートも裁断済みなら、老生なら1分かからないんですけど。 。。装備委託費として見れば単価かかりすぎ。1時間に10冊ってことは、時間給800円として、1冊80円!!
 1冊80円の出来高払いで請け負うのなら、老生なら時間給で4,800円かぁ、、、と思わず定年後の優雅な生活を夢想してしまったり。。。

 改めてこの映像へのコメントを見てみると「熟練図書館員」とは書いてあるが「ブッカー貼りの熟練者」とは書いていない。 騙される方が悪い、と(^_^;
 本はカバーを外しているし、バーコード・ラベルなども外側には貼っていないし、公共図書館での風景ではないのは明らかなのだが、 それにしてもちょっと凄いモノを見てしまった。この動画の作業主の職場では本に「ブッカー」 をかけること自体が例外的な作業であるのだろうというのは想像できるが、これをアップした方の意図は何だったんだろうか?

 改めてビニールシートのメーカーのサイトを見てみた。

フィルムルックス
http://www.filmolux.co.jp/

日本ブッカー
http://www.booker.co.jp/?

埼玉福祉会
http://www.saifuku.com/index.html


 この内下記にブッカー(相当の商品)の貼り方を紹介しているページがある

日本ブッカーは、図版(静止画)での紹介
http://www.booker.co.jp/howtobooker.htm

埼玉福祉会のサイトでは、貼り方の紹介ムービーあり
http://www.saifuku.com/bookcover/harikatamovie.htm

 埼玉福祉会のが概ねオーソドックスな貼り方だと思う。(老生が先輩から伝授されたのはもっと省力化しているけれど。)
 件の youtube での紹介動画は、予め背の部分に切れ目が入っているシートを使っているから、 1枚もので販売されているタイプなのだろうしその分動きが制約されるわけだが、それにしても動きに無駄が多すぎる。

 こういうコスト意識なら、委託になっても仕方がないなぁと思った映像だった。。。 公共図書館の装備はとっくの昔に委託になってるけどね。けどまぁ、寄贈本の装備は内製でやってるので、いまだに図書館現場でも 「ブッカーかけ」はやるわけで。。。老生など、若いスタッフの「ブッカーかけ」を見てるとイライラしてくるので(いえ、 このyoutube動画よりはもっと早いですけど、それでもピキっとくるので)、なるべく見ないようにしている。

|

« 熊取町立一件補足 | トップページ | Ike Turner 死去 »

コメント

あーびっくりした。
わたしは図書館員でも書店員でもありません。ただの文庫やってるおばさんですが、それでも一冊一分かからないと思います。
貼り方を教えてくれるなら、無駄のない方法を見せてくれないと意味ないと思うんですが・・・。最初のは削除されているけど、今UPされているのでも相当すごい!
図書館の委託で書店員さんが神技のようなブッカー貼り(目にもとまらないくらい早い!)をしているのを見たことがあります。あれはすごかった・・・。ああいうのをもっと見たいんですが。。。

投稿: yuma | 2010年11月 7日 01:22

|「ちくった私が非難を煽り立ててる悪者ですか?」的な気分

いや、そんなことはないと思いますが……。
私も普段のブッカーかけを反省しました。「しまった、空気が入った~」→カッターで切開手術。シワができる→上からこすりまくって平らにして、無かった振りをする。
などという事にならないよう、丁寧で美しいかけ方を心がけたいと思います。

投稿: チビ太 | 2007年11月 9日 22:43

 いや、あの、その。。。トラックバックもコメントも、その他言及して下さってるブログも「ありえねぇ~」なので、「ちくった私が非難を煽り立ててる悪者ですか?」的な気分になりつつあります(^_^; まぁ、自分自身が「ありえねぇ」と思ったからネタにしてるんですけれども。
 CIAの手先の仕業でもなければ、悪気もないんだとは思いますよ。(と思わせておいて、、、ってことはあるのかな?)

 まぁ、短時間のタイムトライアル(ブッカーかけだけの)なら1分3冊近くでやりますが、継続的な経常業務としてなら、おっしゃるように40秒で1冊くらいでしょうね。老生が教わったやり方ではハサミを持つのが1回だけだしね。
 

投稿: 葦岸堂 | 2007年11月 9日 21:47

あ、ありえねえ~!
--と叫び出したくなりました。
普通だったら、一分かからないと思います。カバーついてないと楽だし。40秒ぐらいか?

|これをアップした方の意図は何だったんだろうか?

多分、清く正しく美しい「ブッカーのかけ方」を後世に伝えたかったのではないかと推測します。
さもなければ、こんな時間がかけられるヒマな仕事だという悪しきプロパガンダを広めようというCIAの陰謀でしょうか。
恐ろしいですねえ~(^O^)

投稿: チビ太 | 2007年11月 8日 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104816/16978749

この記事へのトラックバック一覧です: ブッカーかけビデオ6分13秒:

» ありえねぇブッカーかけ [図書館員もどきのひとり言]
葦岸堂之日々是日々:ブッカーかけビデオ6分13秒 http://igandou.txt-nifty.com/igandou/2007/11/post_6e6f.html た、たしかに、こんな阿呆なちんたらしたブッカーかけ、ありえねぇって!! 阿呆か。トロイんだよ!! 見てて、最初のボールペンで印つけるところから眩暈..... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 01:04

« 熊取町立一件補足 | トップページ | Ike Turner 死去 »