« 関ヶ原合戦でした | トップページ | デレク & エリック »

2006年11月 8日

ボニーさんの誕生日

 今日は Bonnie Raitt さんの誕生日だよ、と今朝のFM802が教えてくれたので、帰宅してから彼女の最新アルバム Bonnie Raitt and Friends (2005年9月のライブのCD/DVDセット。日本盤がまだ出てないようですが、DVDの Region Code はフリーになっているようで、うっかり通常のDVDドライブに入れても再生できてました)を。ここ10数年来のバンドで臨んだ、タイトル通りに幾人かのお友達をゲストに呼んでのライブとなっています。

 前作 Souls Alike のジャケット写真にも写っていた、ダークブラウンの塗装が剥げ剥げになった年季の入ったストラトを、文字通りのボトルネックで演奏してくれています。このストラトは、70年代後半に来日した時にも、それからグラミーをとってから90年代半ばに来日した時にも使っていたと思うのですが(記憶はやや曖昧)、なんだか先達や友人を大切にするボニーさんらしいなぁというところ。

 90年代の来日のMCでは、"I'm sorry that I can't speak Japanese. But this ..."とこのストラトを持ち上げて"will tell you"とやってくれたものでした。

 このライブでは4人のゲストを迎えていますが、やはりブルース畑の Keb' Mo さんとの競演で一番のっているように見えますね(^_^) それから、一番若くて "My new friend"と呼ばれているのが Norah Jones さんですが、 30歳ほどの年齢差を超えて一人のミュージシャンとして敬愛の姿勢を見せるボニーさんにむしろ驚かされます。

※ ところで、このボニーさんとノラさんの競演を見るたびに思うのですが、「21世紀の若きボニー・レイット」などと呼ばれている(と言うより、本人が明らかにボニーさんと似ていることを強調してきていた)Grace Potterさんとボニーさんの競演は実現するのでしょうか。是非見てみたいです。もっとも、DVDを見るとグレイスさんは脱ボニー・レイット化しているようですけれど。いずれにしてもこのグレイス・ポッターさんの発見は、老生の今年のヒットでした。

 話をボニーさんに戻すと、YouTube でもボニーさんの映像をいくつか見ることができます。セントラル・パークのライブで、John Hall さんをゲストに迎えてのライブ・ステージには感無量でした。ジョン・ホールさんは彼女のセカンド・アルバムの何曲かで印象的なギター・ソロを披露し、サード・アルバムのプロデュースを担当していたのでした。今年のものと思われるセントラル・パーク・ライブでも、「あぁジョン・ホールさんやなぁ」というギターを聞かせてくれています。(……ボニーさんのサード・アルバムの頃、ノラさんはまだ生まれてもいないんですよねぇ。。。)

|

« 関ヶ原合戦でした | トップページ | デレク & エリック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104816/12611734

この記事へのトラックバック一覧です: ボニーさんの誕生日:

« 関ヶ原合戦でした | トップページ | デレク & エリック »