« 「謎のプリンス」の謎 | トップページ | 国会図書館改革 さて、どうなりますか »

2006年2月 2日

コレッタ・スコット・キングさん逝去

  「ニューヨーク・ハーレム・ジャーナル」によると、コレッタ・スコット・キングさんが亡くなったとのこと。

 故マーチン・ルーサー・キング牧師の未亡人と言うか、図書館的に言えば、今ではアメリカ図書館協会公認の 「コレッタ・スコット・キング賞 Coretta Scott King Book Award」 がその名を冠して称えているあの人となりますか。

 この賞は、アフリカ系アメリカ人の著作家・イラストレーターが選考対象だということで日本ではあまり注目されてませんけど、 最近では金原瑞人さんがよく訳しているウォルター・ディーン・マイヤーズも複数回受賞者ですね。ああそれから、ヴァージニア・ ハミルトンも何度も受賞してて、日本でも有名な受賞タイトルでは『人間だって空を飛べる』があります。 最近日本で(この賞受賞作品としては珍しく)訳された絵本で言えば『とどまることなく: 奴隷解放につくした黒人女性ソジャーナ・トゥルース』があります。

 そう言えば、アフリカ系アメリカ人版(向け?)ちびくろサンボの『おしゃれなサムとバターになったトラ』のコンビ、ジュリアス・ レスターとジェリー・ピンクニーも受賞者です。もっとも、流石にこの作品では受賞してませんけれど。

 堂本かおるさんの上記ブログでは、昨年10月のローザ・ パークスさんの逝去も知らされました。 昨年、つまり2005年は、「うさこちゃん50年」であり「ロックンロール50年」でしたが、同時に「バス・ ボイコット運動50年」でもありました。1955年にそれらの始まりがあったわけです。そしてその丁度その50年目にローザさんが逝き、 そして年を越してコレッタさんです。堂本さんがレポートされているのですが、こうした公民権運動を担った人たちは、 今の若いアフリカ系アメリカ人から見れば「うざぁ」だそうです。そうなる理由もわかるような気はしますが、 歴史の重みは受け止めたいという気がします。どんな文化でも世代間のずれはあるものだと思いますが、なんとも無惨な気持ちになります。

 コレッタ・スコット・キングさん、そして、遅くなりましたがローザ・パークスさんのご冥福をお祈りします。

 

|

« 「謎のプリンス」の謎 | トップページ | 国会図書館改革 さて、どうなりますか »

コメント

はじめまして。
ブログで本の紹介をしています。コレッタ・スコット・キング賞のことを調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。
とても参考になりました。ありがとうございます。トラックバックもさせていただきました。よろしくお願いします。

投稿: ゆう | 2011年12月 8日 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104816/8461049

この記事へのトラックバック一覧です: コレッタ・スコット・キングさん逝去:

« 「謎のプリンス」の謎 | トップページ | 国会図書館改革 さて、どうなりますか »