« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年9月18日 - 2005年9月24日 »

2005年8月18日

夏の風物詩

 「お盆も図書館は開いていますか?」という問い合わせ電話に少々キレ気味という話題はいくつかの図書館系ブログで散見しますが、これと並ぶ夏休み時期の図書館の定番ネタの時期がそろそろ始まります。

 そうマスコミ(新聞・テレビ)の「夏休みの宿題調べで賑わう図書館」記事ラッシュです。老生が目にした今年の初物がこれ↓

宿題追い込みで図書館“満席” 開館前に列

 あと記事にはなりませんが、そろそろ始まるのが「夏休み宿題読書感想文」の課題図書を求めて走る親の姿。正式には「青少年読書感想文全国コンクール」(主催:社団法人全国学校図書館協議会/毎日新聞社)ですが、子どもと親の気分としては「夏休みの宿題読書感想文」ですね。

 因みにこの課題図書一覧のページ

※課題図書はお近くの書店にてお買い求め下さい。

 とあるのが苦笑をさそうところ。たしかに皆が皆「図書館で」調達するべき資料とも言えますまい。また実際、課題の年の夏休みが過ぎても予約が続くとか、それがロング・セラーになるような作品は滅多にありません。

 もっとも今回の小学校低学年の課題図書の「アリから見ると」(福音館書店)は、「かがくのとも」で出たときから老生も好きな作品です。一度自館での「絵本のじかん」に使ったのですが、幼児ばかりだったせいか、老生のスキルが低いせいかもひとつ、彼らの想像力がついてこなかったようでした。小学校の低学年まで来ると、「うぁあっ」というリアクションがでてきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日

リージョン3

 所用のついでに立ち寄った某ショッピング・ビル、滅多に行かぬところ故階を間違えて閑散としたところに出たら、CD/DVDショップの「涙の閉店セール 2割~5割OFF」。ついふらふらと。

 ライブDVDが結構割安。見慣れたしかし入手しそびれていた今は廃盤で買えぬ筈のクラプトンのDVDジャケットがあり¥1,500の値札。と、その値札の下にハングルで<エリック・クラプトン>。裏を返せば、<Region Code : 3/6>。手持ちのPC搭載DVDドライブの使い回しをしばし考え、購入。

 しかし、レジで、「これは通常のDVDプレイヤーでは見れませんよ」とのアドバイスはなし。そんなだから「涙の閉店」なのか、それとも「涙の閉店」だからそうなのか、不明ではあるが、当方は了解済み故、可とする。

 これで手持ちのDVDのリージョン・コードが1・2・3と揃ってしまいました。あのーLotusではないのだからね > 自分。

 しかしこのリージョン・コード、無意味なもののような気がしてなりません。別途コピー・プロテクトがついているのだし、映画の場合、字幕なしでは事実上鑑賞はできませんから並行輸入されても売上の損失につながるとは思えません。音楽(ライブ)DVDでも、インタビュー部分やMC部分では映画と同じことになりますから、逸失利益がそれほど出るとも思えないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うさこちゃん50周年

 この春、入ったばかりのスタッフが「うさこちゃん」と言うので、「年がわかるぞ。今の現役の子どもはミッフィーと言うのだよ。」と嫌味を言っていたら、大々的な展示が始まっていました。(現在開催中の神戸を皮切りに来年秋まで各地で開催) ←※後日訂正:皮切りは神戸の前の東京・松屋銀座(4月~5月)でした。

50 years with miffy―ミッフィー展
http://www.asahi.com/event/miffy/

 スタッフの間では、
「うさこちゃん は 50歳」
なのか
「うさこちゃん が 50歳」
なのか
「うさこちゃん も 50歳」
なのか
「うさこちゃん でも 50歳」
なのか、としばし話題に。

 チラシを見ていると(上記HPでも見ることができますが)、日本では出ていない初版ではうさこちゃんのキャラのデッサンが違っていたのですね。へぇ~。

 ところで、図書館員の間では昔からずっと囁かれている「うさこちゃんの謎」があります。(はい、老生も「ミッフィー」には馴染めませんです。)

?うさこちゃんの横顔はどうなっているのか
 ←身体が横を向いている時もうさこちゃんの顔は常に正面を向いている。あの極端に図案化され目と口しか描かれていないうさこちゃんの横顔とは?
?うさこちゃんが口を開けるとどうなっているのか?
 ←「×」印のうさこちゃんの口が開いた絵柄はどうやら存在しない。一度見てみたい!(因みに、うさこちゃんの親(大人)の口は「*」が90度横に寝た形になっているが、これも口を開けるとどういう絵柄になるのか?)

 この謎は、今度の展示でも解き明かされることはないのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月7日 - 2005年8月13日 | トップページ | 2005年9月18日 - 2005年9月24日 »