« 2005年5月22日 - 2005年5月28日 | トップページ | 2005年6月5日 - 2005年6月11日 »

2005年6月 4日

図書館的Cool_Biz?

 年下の同僚が「クール・ビズで、どうですか」と言うもので、今日は職場ではネクタイをはずしてすごしました。生来の汗かきで、夏場はどちらにしても上着ははずすので丁度頃合いなのですが、ネクタイは一応していました。

 「省エネ・ルック」だか「省エネ・スーツ」というものが記憶にある者としては、今更「クール・ビズ」と言われても素直には受け止められないのですが、ネクタイをはずした閣僚の面々をTVニュースで見て感じるのは「なんと間抜けている」という思いのみ。スーツ姿というものの社会的意義付けの是非は別にして、物事はやはりバランスが大事なので、スーツ姿というのはそれはそれで洗練されてバランスをとってきたものらしく、そこからネクタイを抜くだけだと単に「間抜けている」としか思えないのです。とは言え、蒸し暑いことは蒸し暑いので、老生もネクタイなしで本日は「間抜けて」おりました。

 どうせなら、冬場でもネクタイを締めなくてもよいような風土を作って欲しいところですが、そうなると別途衣服を整えねばならず、それはそれで物いりなことでございます。

 図書館という職場は、男性がスーツを着なくてもあまり文句を言われない職場ですし、実際スーツを着慣れない方が多いところです。老生は図書館に入る前に民間に勤めていたせいか、スーツについては「あれはあれ」と割りきったところがあり、スーツに抵抗感はありませんし、スーツから単純にネクタイを抜いただけの姿にはなじめません。老生的には、冬場こそスーツを避けたいところです。だって、スーツだと必要な暖かさを確保するのに重いですから。春秋は、スーツが丁度いいですね。

 スーツ姿の社会学というのでしょうか、そういう社会の仕組みを組み直さないで、ネクタイを夏場だけはずそうというところが「クール・ビズ」とやらの小手先の対処の姑息さであるように思います。

 図書館のお仕事として見れば、「日々記」さんがコメントされてますけれど、結局「客映り」の問題で、どういう格好をしようとだらしなく見えちゃえばおしまいよ、というところまで還元されてしまうので、ネクタイがどうこうはあまり関係ないということでしょうか。

※ タイトルには「図書館」とはいれましたが、カテゴリーで「図書館」にはできないコメントでございます、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月30日

空席のゴダイゴ

 DORAさんのブログで、インチキ商売の話題

「ゴダイゴコンサート」って書いてあるから入ってみると、「コダイコ」をたたいていた。

 それが「大鼬(いたち)=大板血」と並べられるとちょっと抵抗がありますが(^_^;、空席の目立つ、と言うよりは少ない客の方が目立つゴダイゴのコンサートには行ったことがあります。

 まだ、夏目雅子/堺正章の「西遊記」の主題歌(「ガンダーラ」)でブレークする以前、デビュー以来のポリシーでレパートリーが全部英語の歌詞という時代でしたから、まぁ仕方がなかったのでしょうが。

 かく言う老生も、身銭は切っておりません。当時入り浸っていたロック喫茶で、PA屋をやっている常連さんが「誰か、今日夜暇な奴おらん?」「なに?」「ゴダイゴのコンサートのタダ券。売れてへんみたいやねん。行ったって。」ということで「得した」気分でのこのこ出かけて行くと、会場=今はなき毎日ホールの前では道行く人にタダ券を配っておりました(^_^; なんか得したと思った分「損した気分(-_-;」

 入ってみるとそれでもガラガラ。客がみな「関係者とその知人」に思えてしまう。一体どういうプロモーションしてたんだ?というところ。何か「手違い」があったんでしょうね。

 でも、ゴダイゴの面々、手を抜かずに演ってくれましたよ。ミュージシャンの鑑です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復旧に2週間?

 昨晩ご報告の川崎村立図書館でのサーバ・ダウンについて、一番大きな疑問は「なぜ復旧に2週間もかかったのか」ということです。関係者各位を非難する意図はありませんが、この長さは老生らの体験知・暗黙知からして異常です。

 この記事はやはり同業者の目を引いていて、「なぜ貸出を止めるのか、代替え手段はふつうあるだろう」とか「データが消失したって?バックアップはふつうあるだろう」といったことは皆が言ったり書いたりしていました。ただ一様に言葉としては呑み込んでしまっているのが「なぜ復旧にそんなに長い期間かかるのか?」ということです。「貸出の代替え手段」と言っても、せいぜい1日~2日程度のダウンを想定してのことなのも暗黙知です。

 こうした同業者の反応を見ながら、「ああ皆さん、ダウンを経験しているんだ(^_^;」とある意味おかしかったりもしますが、同業者としてみれば、システムのダウン自体は特に目を引く事例ではありません。短時日のダウンなら、同業者の多くが体験していることです。それが2週間も続いたというところで、何がおこったのかワケが分からなくなって言葉を失っているということかと思います。老生らの経験では、システム会社は自らの威信にかけても人的/物的資産を集中的に投入して、翌日には復旧させるのが普通です。悪くても翌々日。

 Googleで検索語や区切りをいくつか工夫してみると、川崎村立図書館のシステムの受注実績をうたったシステム会社のサイトがみつかりました。地元の会社で、資本金が1500万円とあり、同じ図書館管理システムを複数の公共図書館に納品しています。老生は、<小さな会社だからソフト開発の能力が劣る>とはまったく考えません。では何が問題だったのでしょう。トラブル発生後に、人的/物的資産を集中的に投入するということが困難だったのでしょうか?

 このトラブルが今後の業界の参考になるとしたら、この復旧期間の長さの謎が明らかになる時でしょう。そして、そうした状況下で、川崎村立図書館のみなさんがどのように図書館サービスを継続したか、という点も図書館の在り方を示す事例になりますね。

 伝聞ですが、川崎村立図書館からの報告が、どこかの業界誌に掲載される予定(単に交渉中という段階かもしれません)とのこと。今後のために注目される報告です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月29日

川崎村のダウン後の状況

 やはりこういうところには書いてみるもので、川崎村立図書館のサーバ・ダウン後の状況について、知り合いの知り合いの知り合いくらいの距離でですが、当事者発の状況がメールで寄せられました。ただし老生の目から見て当事者の認識なのか、間に立って中継ぎをしてくださった方の認識なのかが区別つきにくいところもありますので、あくまで「伝聞」として老生が整理した上で、下に転載しています。

**** ↓ 以下状況報告 ****
 4月26日(火)からシステムダウン。
 当初は手書きメモで貸出した他、他のサービス業務(読書案内・レファレンス・コピーサービス・インターネット利用受付等)も通常通り行っていた。返却も、とりあえず受け取って、あとで返却処理を行うためにカウンター内で溜め込んでいた。
 なお、貸出作業については、PC単体での処理やハンディ・ターミナルでの処理はシステム上設定されていなかった。
 ところが、早急のシステム復旧の目処が立たないことがわかり、26日午後から手書きメモによる貸出を中止した(=つまり貸出を一切止めた。)また同日午後には、返却資料も置き場に困るようになり、同日夕方から受取を中止した(=利用者にいったん持ち帰ってもらった。)
 以後、貸出・返却を停止した形で、他のサービス業務(上記)のみ行うこととなった。

 サーバ・ダウンの原因は完全には特定されていないが、現象としては、ディスクの容量不足から動作が不安定になり、更にその不安定なデータがミラーリングにも書き込まれたためバック・アップ・データがバック・アップにならなくなった。結果として、書誌データや貸出データ・利用者登録データが消失した(全部か一部かは未確認。どうも全部か大部分のようなニュアンスあり。)。

 28日(木)からは、返却本の受取りを開始した。これは、貸出データの消失が明らかなことから「返却処理」(=貸出データの消し込み)が無意味になったため。

 5月7日(土)から、書誌データや利用者登録データの再入力を開始。

 5月10日(火)から、コンピュータによる貸出・返却業務も復旧。ただしデータの遡及入力は作業中。
(以上、葦岸堂が手探りで整理したところもあります。現地発は5月20日頃の報告のようです。)
**** ↑ 状況報告 終了 ****

 以上、あくまで「伝聞」としてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月22日 - 2005年5月28日 | トップページ | 2005年6月5日 - 2005年6月11日 »