« 2005年5月15日 - 2005年5月21日 | トップページ | 2005年5月29日 - 2005年6月4日 »

2005年5月25日

井上さんのコラムに

 昨日紹介の井上靖代さんのコラム(「図書館雑誌」2005年5月号)の記述で少々気になるところがありました。

 井上さん曰く

今回,瑞雲舎が復刊した「ちびくろさんぼ」をなつかしむのもよい。だが,図書館員にとっては,資料選択や提供について新しい側面をもたらし図書館の存在意義を考えさせる資料だった,と再認識する復刊でもある。

 と、これは確かそうだと思うのですが、続けて、

「ちびくろさんぼ」論争以降,図書館は閉鎖空間ではなく,国際社会と連動し日々成長する場との認識は,多文化サービスの広まりとなって現れている。

 って、そうですか?

 多文化サービスの広まりは、やはり1990年の入管法改正によって、かつて日本から南米等へ移住した人たちの子孫が合法的に単純労働者として日本国内で働けるようになり、実際そうした人たちの来日が飛躍的に増加したことが直接の契機でしょう。

 それまでのように、韓国及び朝鮮籍の人と中国籍の人とで在住外国人の9割以上を占めるような状況が続いていれば、図書館での多文化サービスの広まりはもっと鈍いものになっていた筈です。

 「認識の広まりが、多文化サービスの広まりにつながった」という井上さんの意図はわかるような気はしますが、この部分ちょっと書き急ぎすぎていると思います。

 因みに、井上さんは更に続けて、

また,この本の絶版・復刊は出版流通ビジネスの政治的経済的思惑と連動し,図書館に課題をもたらしつづけていることを示している。

 ともお書きです。これも少し「書き急ぎすぎ」の感ががあります。89年頃の絶版以後これまでの『ちびくろさんぼ』(海賊版やリメイクを含む)は、むしろ大きな経済的リスクを背負った出版だったと言えますから。ただ、『シナのごにんきょうだい』や『ちびくろさんぼ』の様子を見て、他にこういうおいしい出版ネタはないかと物色を始めた出版者は確実に存在するような気はしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こらむで『ちびくろさんぼ』

 「図書館雑誌」今月号(2005年5月号)の「こらむ・図書館の自由」が瑞雲舎版『ちびくろさんぼ』の出版(復刻)に触れていました。(オンラインではここで読むことができます)

 執筆者の井上靖代さんは、1988年の岩波版などの絶版の後、図書館の現場で『ちびくろさんぼ』/『ちびくろサンボ』はどのように検証されてきたのかと問いかけ、次のようにまとめています。

黒人差別本だったと単純に言い切れるような事例ではない。図書館は何のために,誰のために存在し,本を提供しているのかを問われた本なのである。終った事例ではなく,これから図書館に関わっていこうとする若い世代や子どもへ本を手渡そうとしているすべての人びとが再考すべき「ちびくろさんぼ」復刊である。(強調は引用者による)

 たしかに、 「黒人差別本だった」と言うのと同様「黒人差別本ではなかった」と言っても、それだけでは何も始まらないし何も終わらない問題なのだと老生も思います。正直なところを言えば、この問題は「自分的には既に終わっている」と思ってもいたのですが、もう少し自分のためのメモをとってみようと思い始めています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年5月23日

暗黙知としての図書館業務

 川崎村立図書館のサーバ・ダウンの新聞記事について、老生が他人様とまったく違う読み方をしていたということが自分自身の問題として興味深かったので、先週ずっと頭の隅においていました。
 結局あまり形になる答えは見つからず、老生は自分自身にとって「ごく自然な解釈」をしていたと思うほかはありません。「暗黙知と社会知」と言う場合の「暗黙知」ということになるのでしょうか、老生は特に「これはどういうこと?」という疑問を持って「こういうことか?」という解釈をしたわけではなく、「何故そう考えたのですか?」と聞かれても「いや、だって普通そうでしょ」と答えるほかない感覚でいたのが、他人様とは違っていたようです。

 老生自身や同じ職場の同僚、異なる自治体の公共図書館で働く知人の間では、「貸出」と「レファレンス」の違いをあまり意識していません。もちろん作業として見れば違いますが、機能としてみれば両者はシームレスに繋がっている同じ事(人と資料をむすびつける働き)の別の側面だという感覚が強いのです。
 ですから、公共図書館にかかわる記事で「図書館の中心機能である図書の貸し出し、返却、リクエストなどのサービスができなくなった。」ことから「すべてのサービスをおうけできません。」と掲示を出したと読んでも、自分の暗黙知に引き寄せて「閲覧をしている以上、当然、資料案内・レファレンスはしている」と無意識に思っていたのだと思います。これがもし大学図書館など他の館種や海外の図書館のことなど、自分の暗黙知を働かせるのに躊躇する対象なら老生の反応は違っていたはずです。

 老生の知る限りでは、日本の公共図書館で「貸出しかしない」図書館というのは普通ありません。小さな分室などになると蔵書の貧弱さは覆うべくもないので、「レファレンス」を看板にあげるのははばかるということはあるでしょうが、それでも資料の相談は受けるだろうし、中央図書館などへの取次という形でのレファレンスも受けるのが普通の形だと思います。

 こうしたことは、「暗黙」知であるだけに自分自身が意識化していませんでしたし、ましてや違う環境にある方にとっては報告されない限りは想定できないものであったということなのでしょう。なるほど暗黙知は社会知に変換する必要があるのだなと改めて感じ入った次第です。老生自身が意識していなかった暗黙知に気付くきっかけをつくってくださったG.C.W.氏に感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月22日

人が人を蔑むとき

 サダム・フセインの下着写真の英国大衆紙での公開が報道されていました。なんと醜いことをするのだろうと思います。フセインの罪を告発し裁くことと、「パンツ一丁」の写真を公開して人を笑いものにすることとはまったく違うことです。

 人が一番醜く見えるのは、自分が優位に立っている、決して相手からの反論で自分が傷つくことはないという安心感の上に立って他人を笑いものにしている時だと、以前から老生は思っています。

 以前の岩波版『ちびくろさんぼ』絶版後の状況の中で、老生も図書館員の立場で人権派の人たちと話すことが何度かありました。老生は『ちびくろさんぼ』は「差別とまったく無関係」とは言いませんので、彼らから直接告発を受けることはないのですが、同時に彼らと同じ輪に参加するわけでもないので、彼らからは批判の対象にはなります。それは、最近の流行言葉で言えば「想定内のこと」でしたのでいいのですが、論議の果てに彼らの一人が捨て台詞をはいた時に、「人の尊厳・人権を言う人がなんと醜いことを言うのだろう。」と悲しくなったのを思い出します。

 その人はこう言ったのです。「自分たちは、『ちびくろさんぼ』はイヤだという人たちの思いを尊重して行動しています。あなたも本で調べるだけではなくて、彼らの声を直接聞くべきだと思う。。。まぁ、あなたのような鈍感な人には聞いても分からないでしょうが。」そして顔を歪めて嗤いました。その人は老生を嗤ったつもりだったのでしょうが、実は自分自身を嗤っていたように老生は受け止めていました。「ああ、やっぱりね」と思ったのを覚えています。「この人も、このパターンなんだな」。

 普通に考えれば、これは、他人に直接吐く言葉ではないでしょう。人は己が正義だと思えばどんな恥ずかしいことだってできるもののようです。また、この台詞は『ちびくろさんぼ』がすべて絶版になり、その他の「差別グッズ」がどんどん告発され廃棄されている中でのことでしたので、その人は明らかに自らの優位をたのみにしてその捨て台詞を吐いていました。さらに言えば、その人も老生と同じで、『ちびくろさんぼ』をイヤだというアフリカ系アメリカ人の声を直接聞いているわけでもなく文献や伝聞で知っているだけのことだったのです。

 老生は自分が侮辱を受けたということで悲しくなったわけではありません。人の尊厳を言い、人権を言う人が、そのような形で目の前の他人の、そしてつまりのところ自分自身の尊厳を壊して平気でいることが信じられない思いでした。

 もちろん人権を言う人がすべてそうだというわけではありません。ただ、状況がいろいろ変わる中で、自分が優位だという安心感の上にたっての他者への侮辱は、人のとりうる最も醜い行為だという一例です。

 人は弱いものですし、親しい仲間の飲み会で、対抗する他者のグループを嘲る言葉を吐きあって盛り上がることもあっていいでしょう。それが人の自然の行動だとも言えます。ただ、それを公的な場所でやるとなると話は別です。何よりも、それは自分自身の尊厳を自分で壊していることになると気付きたいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

クレイジー・フィンガーズ Crazy Fingers

 ピアニストばかり4人のユニット(ドラム・ベース・ギターなし)「Crazy Fingers」の3枚目のアルバム「Hammer Street」(5月11日発売)を予約しておいたのを引取。

 先の2枚は、発売後大分たってから購入したのにCDDBに登録されていなかったという、かなりかわいそうなユニットですが、ピアノ(複数ですが)とボーカルだけで分厚い音の場をつくってしまうところはかなりの手練れたちです。

 単に手練れというだけではなく、楽曲のタイトルやサウンドそのものを聞いただけで先達へのRespectがはっきりと見えるのですね。最初FMで聞いた時はメンバーが「ドクター・キョン」と紹介されたので「八丈島のキョン」しか連想できなかったのですが、音を聞けばニューオルリンズ・スタイルのピアノが鳴り響くのでDr.Johnのもじりだと気付きます。そして2枚目になるライブ・アルバムに「KyOncy Don’t Fail Me Now」という楽曲タイトルを見れば、Little Feat の「Feats Don’t Fail Me Now」を意識しているのがわかります。さらに楽曲を聴けば「Mr.Billy Payne」とメンバー紹介をしたくなるという次第。もちろん、Little Feat のような70年代ロック止まりではなく、ルーツ・ミュージック(ブルースやジャズやラグタイム)の基礎をよく踏まえたサウンドになっています。それぞれソロ・アルバムを持っているミュージシャンのあつまりなので、趣味的なと言うと怒られますが、それぞれの音的なルーツをストレートに出せる形になっているのでしょう。

 今日入手の期待の3枚目は、ちょっと「足踏み」のような印象がありました(^_^; 2枚目がライブで元気がよすぎたのかもしれません。ともあれ、ビル・ペインBill Payneのエレピのサウンドが心地よかった老生にはたまらぬユニットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版総売上復調 7年振り

 2004年の出版界の総売上が前年比1.3%増と、1997年以来続いていた前年割れから復調したようです。(『出版年鑑2005』の速報版としての「出版ニュース」2005年5月中下旬合併号記事「日本の出版統計」より)

 復調とは言え、書籍が5.9%増、雑誌が2%減と雑誌は下げ止まっていないことや、書籍も返品率が98年の40%から漸減して2004年でやっと37.3%になっているものの未だに高すぎる値であること、そして出版点数の増加と平均単価の下落からは既に指摘されている「金融策としての自転車操業的な出版」が相変わらず続いていることが推測されることなど、まだまだ不安要素が大きいように思われます。

 このメッセージを用意しながら、末廣恒夫さんのCopy & Copyright Diaryをチェックすると、この出版点数の問題をとりあげておられましたね(5月20日「7万点は多すぎるか、多すぎないか」)。そこで末廣さんがとりあげておられるような「出せる自由」(ポット出版の沢辺さんのご意見)はたしかに大事ですが、とても「戦線が伸びきった」状態とでも言いますか決して余力のある出版点数の多さではないように老生には見えますので、まだまだ心配が残りますが、それでもとりあえず売上復調は歓迎すべきところです。

 公共図書館によるいわゆる「複本問題」については、日本書籍出版協会と日本図書館協会による協同調査「公立図書館貸出実態調査 2003」(報告書[PDFファイル])によって、<公共図書館が貸出重視・予約重視によって、ベストセラーばかり、何百冊もの複本を購入して売上を疎外している一方で、専門書の図書館での購入がないがしろにされている>という仮説が否定されているはずなのですが、この報告書で「図書館提供率」という統計処理的には無意味な係数が考案されそれが新聞記事の見出しに踊るなど、報告の内容が逆の印象でとらえられている傾向もあります。

 思い込みではなく、実態に即した認識を基にして、「図書館のため」でも、「出版界のため」でもなく、「読者のため」に「なに」を「どこまで」「どうする」のがいいのかという建設的な論議が出来て行ければよいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月15日 - 2005年5月21日 | トップページ | 2005年5月29日 - 2005年6月4日 »