« 独自に進化する日本版さんぼ | トップページ | 児童ポルノ検閲官としての図書館員 »

2005年7月16日

PageRankの謎

 ここの7月11日の記事について、最近検索ヒットが続き、そこで紹介された本の版元さんのブログからトラックバックを頂きました。この件について、老生も意外に思っているのですが、7月13日に気付いた時には既に、この記事タイトルに入れた2つキーワードでGoogleすると上位に(2番目のキーワードでは1位に)ランクされておりました。

 GoogleのPageRankについては、こことかここに書いてあるようなことを以前から確認していたので高い信頼感を持っていたのですが、もともとアクセス数が貧弱なこのブログが投稿後2日目には上位にランクされるようになるのは、老生の予測と理解を越えておりました。

 これまでPageRankについてはよい手応えを感じていたので、昨年度まで非常勤で担当していた某大学のレファレンスの講座でもネット検索のところで学生さんにも推奨していたのですが、俄に疑問が増えてきてしまいました(^_^; … 自分のブログを高位にランクしてもらっておいてひどい話ですが、基本的なアクセス数を知っているだけに、どうも納得いかないところです。どうなってるんでしょう。

 もちろん、この話題がより広く伝わるお手伝いができたのなら以て瞑すべしなのですが、PageRankの有効性の問題ですね。。。むむ。

|

« 独自に進化する日本版さんぼ | トップページ | 児童ポルノ検閲官としての図書館員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104816/4997862

この記事へのトラックバック一覧です: PageRankの謎:

» 教科書検定制度と公立図書館 [図書館員の愛弟子]
 当ブログの8.31.付記事「「西尾幹二のインターネット日録」管理人「年上の長谷 [続きを読む]

受信: 2005年9月 3日 23:50

« 独自に進化する日本版さんぼ | トップページ | 児童ポルノ検閲官としての図書館員 »